スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道キャンプツーリング準備編!!

来年は、デッカイドウキャンプツーリングを計画していますが、1回のキャンプツーリング
の経験だけでは、とてもとても許してくれないのが、デッカイドウの魔力と言うか、それほ
ど甘く考えて行くととんでも無いらしい。今現在の我がバイク仕様では、ダメと言う事である
まず、デッカイドウへは、ビデオ撮影もしながら回るが、ビデオカメラは、最低2台必要に
なる。一台は、PENTAXのOptioW90を使用するが、もう一台は、なにか揃えなければならないだ
ろう。それは、来年にでも考えればいいが、固定の仕方も考えなければならない。後は、先日の
キャンプツーリングでも発生した問題点と言えば、ツーリングバックの中身のパッキングである。今
現在のハードケースをそのまま使用することを考えると、ツーリングバックの中身を軽くして
そうすれば、乗車姿勢がもう少しゆとりのある姿勢が確保できる。そのためには、サイドバック
を装着しなければならない。その候補これ↓である。30L(15L×2)の容量である。
ネットで、最安値11000円前後です。高崎ライコランドで、13000円である。

mfk080.jpg
基本的に、ハードケース内は、濡れては困る物(着替えカメラ電気製品)を入れ、サイドBは、キャンプ道具
で嵩張らない物を入れれば、かなりツーリングバックに余裕ができ、乗車姿勢も楽になると思う。

これで、128L確保できる。デッカイドウ8泊(内フェリー2泊)の旅ともなると、最低100Lと言う事を
考えると、このくらいの容量があれば、良いだろう!!また、ビジホは、2泊の予定で行程を吟味したいと
思っている。キャンプ4泊、ビジホ2泊又は1泊 ビジホは、雨天時利用 テント泊は、4~5泊になる。
ビジホの予約は、基本的にしない。キャンプ場は、道内300ヶ所ある。無料のキャンプ場も多い。だいたい
は、バイク1000円以内で利用できるキャン場が、多い!!これを利用しない手はない。リーズナブル
且つ思い出一杯作るには、キャン場泊しかない!!

2011-2.jpg
2011-3.jpg
我ながら、この状態には、正直驚きました。ツーリングバッグが、パンパンの状態なので
乗車姿勢が、かなり圧迫されて、乗り辛かった。この状態を解決するのに、色々な動画を
観たりして、サイドバックになった。

tento1.jpg
4bc565b83ac27e0000ff5b11eef424ec_1.jpg
テントも一昔前のテントより数段性能も向上している。この日も外は寒かったが、テント内は
結構暖かい!これは、構造的に、本体の上にフライシートが、あるので、2重構造故の恩恵で
はないかと思う。バイクシーズン5月~11月初旬を考えれば、全然OKである。



ニコ動でCB母さんと言う人の動画を観るとかなり参考になる。
【ニコニコ動画】CB母さんの 伊豆だるま山キャンプ(前編)

【ニコニコ動画】CB母さんの 伊豆だるま山キャンプ(後編)

【ニコニコ動画】CB母さんのバイ北その2 準備(2)キャンプ装備パッキング

【ニコニコ動画】夜逃げバイクdeバイ北その3 準備(3)渡道リハーサルキャンプ(前)

【ニコニコ動画】夜逃げバイクdeバイ北その4 準備(3)渡道リハーサルキャンプ(後)

【ニコニコ動画】2010バイクで北海道ツーリング09爽青の果てなき道編


キャンプツーリングやればはまる!!!周りに仲間がいなくても現地に行けば、仲間が出来る
一人でビール片手に作る料理もおつなものである。来年は、シーズン初めからドンドンキャンプ
ツーリングに出かけようと思う。朝起きて予定も立てずに1泊で出かけられる醍醐味をいっぱい
味わう事も出来る。皆さんも是非挑戦してみましょう~!! 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

無理

 こんな積載量じゃとても俺には無理だなあ、跨って
立ってもいられないかもしれないなあ。
 やはり、綿密で楽な計画を立て、旅館で泊まろう。

pochiどん俺も正直

このバックパンパン状態で、の行程は、とてもじゃないけど、1泊や2泊では無いので、耐え難い!!それで1日の走行距離も、300~400キロを考えれば、冗談じゃないと思う。サイドB装着で、ツーリングバックに余裕ができれば、乗車姿勢も楽になるので、決めやした。まず、ダイエットもし~の、足腰きたえる~のと色々やることあるな~~!!

まずダイエットでしょ!

ホッカイドー行くとしたら、オラはケダモノだから、
テント無しのシュラフだけの野宿かなぁ。荷物少ない
し。食料系は全てtoshiさんの持参もんに便乗。ダメ
っすかぁ?

テントは

兄イ、キャプテンスタッグツーリングテントは
6000円台でありますよ。結構人気商品で
設営も簡単で、なんと言っても日本メーカーと
言うのが良いですね。食料は、米味噌以外は、
現地調達でしょう~!!美味いもの一杯あるらしい
ですよ!!
アナログ時計(黒)
プロフィール

XJR1300toshi

Author:XJR1300toshi
XJR1300toshiのブログへようこそ!
長野県生まれ。今まで、高山市
京都府園部町、名古屋、群馬県
沼田と転勤人生を歩んできました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
2741位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
1228位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。